高血圧

息切れに効く降圧薬 心臓

息切れに効く降圧薬

歩行時や坂階段での息切れには循環器としていくつかの要因が考えられますが、1つ目は運動時の高血圧です。普段の血圧の上が140/の方が、運動するとアドレナリンや交感神経の緊張によって全身の血管が収縮して血…
冷え性や神経痛に効く降圧薬 整形外科

冷え性や神経痛に効く降圧薬

冷え性は、体液の不足と動脈の過剰な収縮によって、手や足といった末梢の循環の障害によって血液による温度の流入よりも放熱が多いことでおこります。一方で神経痛は神経に流れる血流が不足すると神経が強い痛みを発…
便秘と降圧薬 消化器

便秘と降圧薬

我々は年齢とともに少しずつ便秘になりやすくなっていきます。体の筋肉が衰えていくように、大腸の平滑筋が少しずつ衰えていくことと、腸の動きをコントロールする自律神経の興奮が減るためと考えられます。降圧剤で…
失神 視界が狭くなる 目の前真っ暗 不整脈

失神 視界が狭くなる 目の前真っ暗

気を失ったことはありませんか?脳の血流や酸素供給の低下、ミネラルや血糖など代謝の異常、脳の電気回路の異常により、脳細胞が活動を低下させて意識が低下することがあります。血液や体液の不足、不整脈や狭心症に…
山歩きと水分塩分 心臓

山歩きと水分塩分

今回は自分の体験も交えて、夏の山歩き、水分、塩分について考えてみたいと思います。今回山歩きをするのは、高血圧、脂質異常、軽度の耐糖能異常、軽度の冠攣縮性狭心症をもつ運動不足、山歩き経験不足の60代です…
循環虚脱 胸苦しさ、動悸、立ち眩み 心臓

循環虚脱 胸苦しさ、動悸、立ち眩み

循環は血管緊張と体液のバランスを基本に、血液を動かす心臓の組み合わせでできています。例えば塩分と水分の摂取が足りなくて体液が減ってしまった場合には、手足などにある動脈を緊張させることで、体液を脳や心臓…
しびれ 末梢循環

しびれ

痺れ(しびれ)とは、痛みの知覚に異常をきたしている状態で、神経の障害の一つです。しびれがあるのは神経あるいは神経を取り巻く環境に異常が起きている状態です。 正座すると足がしびれてきます。正座によって血…
脈拍 不整脈

脈拍

家で血圧を測ると自動血圧計では1番目が収縮期血圧、2番目が拡張期血圧、3番目が脈拍数として表示されます。脈拍は車のエンジンで言うなら回転数です。ゆっくり過ぎるとパワーが出ません、早すぎるとエンジンが早…
しもやけとあかぎれ 末梢循環

しもやけとあかぎれ

冬はしもやけとあかぎれができやすいですね、さて体質だと思ってあきらめていませんか?体液の増加、血行障害の改善、皮膚の保湿と炎症のコントロールで改善させることができます。 冬は手や足といった末梢血行の障…