診療予約 WEB問診 ブログ

駅徒歩3分・駐車場あり

TEL:0466-52-8200

院長業績

業績ご紹介

院長 磯田 晋
院長 磯田 晋

専門医、指導医等(2020/1/13現在)

日本循環器学会循環器専門医、心臓血管外科専門医、胸部外科認定医、外科専門医、外科学会指導医、心臓血管外科専門医修練指導医、日本胸部外科学会評議員、日本心臓血管外科評議員、日本冠動脈外科学会評議員、日本血管外科関東甲信越地方会評議員

所属学会(2020/1/13現在)

日本循環器学会、日本胸部外科学会(正会員)、日本心臓血管外科学会(国際会員)、日本冠疾患学会、日本冠動脈外科学会、日本血管外科学会、日本外科学会 

科学研究費(研究者番号 40254172 磯田 晋)

2018-2020
自家心膜のグルタルアルデヒド処理と抗石灰化処理に関する研究。文部科学省科学研究費 基礎研究C(2018-2020年度),550,000円
2000, 2001
Electroporation法を用いた遺伝子導入による虚血心筋内の血管新生。文部省科学研究費 基盤研究C
1997-1999
Cardiomyoplastyに応用する新しい血行改善法ーbFGFを用いた血行新生の促進に関する研究。文部省科学研究費 基盤研究C
1997, 1998
外部原動力源不要の永久大動脈カウンターパルセーターの開発。文部省科学研究費 奨励研究A
1996, 1997
Cardiomyoplastyにおける循環補助のメカニズムの解明。文部省科学研究費 基盤研究C
1993, 1994
循環補助に用いる骨格筋の電気的モニタ-開発の基礎研究。文部省科学研究費 一般研究C

新聞掲載

2005/3/24,31 Medical Tribune メディカルトリビューン社 Vol38 No12,13 p9 第35回日本心臓血管外科学会 腹部大動脈瘤の開腹手術に関する話題 ―AAA術後の腹腔内圧―術後経過知る指標に

研究略歴

1987心移植に代わる骨格筋を用いた循環補助(cardiomyoplasty)をテーマに松本教授の元で、骨格筋が耐疲労性を獲得する現象を、電気生理学と組織学的に解析し学位を頂きました。広背筋挙上で発生する虚血改善法を検討しました。1992この領域で世界最高の米国デトロイト、ミシガン州立ウエイン大学Drスティーブンソンの元へ留学、補助循環に用いる骨格筋ポンプ開発に従事し、血液接触面、強度、エネルギー効率に関する研究を行ないました。1995帰国後引き続き骨格筋ポンプ改良や、cadiomyoplastyの機序の解明の基礎研究を行いつつ、臨床応用を準備しました。骨格筋の血行再建のために遺伝子治療に着目し、VEGFを用いた研究を行いました。術中心筋保護改善に努力し、integrated myocardial protectionを用い重症患者に安全な開心術が行えるよう努力し横浜市大グループの成績を向上させました。集中治療部では経皮的気管切開法普及、腹部大動脈瘤術後合併症の治療法を研究しました。2001冠動脈バイパス成績向上の為に、橈骨動脈グラフト導入、動脈ホルダー導入、超音波メス、低侵襲な胸腔鏡手術、弁形成術を導入した。黎明期のステントグラフトを自作し、ATP注入循環停止法を開発し、臨床に供し40例を超す治療で全例成功し、今日のステントグラフト隆盛の基礎を築きました。急性心筋梗塞外科的合併症の心室中隔穿孔に対する経右室サンドイッチ法を考案し発展させました(2013心筋梗塞ガイドラインに文献引用)。2003防衛医大前原正明教授の元、人工心肺不使用低侵襲冠動脈バイパスに熟達、急性大動脈解離治療に用いる外科的接着剤の研究、僧帽弁形成における弁下修復術式や上行大動脈石灰化に対する段階的遮断法を開発しました。2014前原教授退官に伴い横浜市大に復帰し血管外科学会に伴う日韓血管外科会議事務局長として成功を収めました。2016藤沢市民病院心臓血管症例数減少に伴う専門医プログラム存続(年間40例必要)の再建のため赴任、年間症例数27例を1年間で85例に増加させ、胸部大動脈瘤手術に使用するオープンステントグラフトの空気抜き法を開発し、感染性心内膜炎による僧帽弁閉鎖不全をグルタルアルデヒド補助で弁形成を可能にする術式を発展させ、若年女性が人工弁置換により妊娠不可能になるところを弁形成で可能とする道を開きました。研修医指導にも力を入れ、急性大動脈解離のメカニズム仮説の提唱で日本循環器学会地方会優秀演題賞を頂き、オープンステントグラフとの空気抜きによる対麻痺リスク低減で日本胸部外科学会地方会最優秀演題賞の獲得いたしました。

テキスト執筆

  • Isoda S: Abstractor's commentary of "Melrose DG,: Elective cardiac arrest The Lancet 2:21-22, 1955" in Heart Surgery Classics pp158-160. 1994.(血液心筋保護法開発に関するコメント)
  • Isoda S: Abstractor's commentary of "Follette DM: Advantage of blood cardioplegia over continuous coronary perfusion or intermittent ischemia. J Thorac Cardiovasc Surg 78:604-619, 1978" in Heart Surgery Classics pp166-168. 1994.(血液心筋保護研究に関するコメント)
  • 磯田晋、松本昭彦:骨格筋による心機能補助の臨床応用 (chapter 7) Annual Review 循環器 1995 III 心血管外科領域 中外出版社 松本昭彦ら 編 p248-p258, 1995.
  • Isoda S, et al.: What is the ideal frequency frequency for skeletal muscle ventricle electrical stimulation? Heart Replacement - Artificial Heart 6 pp248-250, 1998.(筋肉で心臓を助ける電気刺激法の解析)
  • 磯田 晋:6章 術中術後管理 ステント型人工血管のすべて 松本昭彦編 中外医学社 pp117-125, 1999
  • 磯田 晋:7章 評価方法 ステント型人工血管のすべて 松本昭彦編  中外医学社 pp126-133, 1999
  • 磯田 晋:V章 E. 心筋保護、pp54―57 急性大動脈解離症例ノート 近藤治郎 編著 2003
  • 磯田 晋:V章 G 術後ICU管理 pp60-63 急性大動脈解離症例ノート 近藤治郎 編著 2003
  • 磯田 晋ら:術後遠隔期管理  弁膜症外科の要点と盲点 pp180-187 四津良平 編 文光堂 2005.11
  • 磯田 晋ら:大動脈瘤の術前、術中、術後管理 pp31-pp36 心臓血管外科テキスト 中外医学社 2007.9.1
  • 磯田 晋ら:からだの科学257号心臓病のすべてPart 4心臓病を治す 手術治療pp149-152 2008日本評論社
  • 磯田 晋ら:心臓外科の基本介助パターン8OPE NURSING 24(9) 69(965) - 79(975) 2009 メディカ出版
  • 磯田 晋ら:大動脈瘤の術前、術中、術後管理 pp33-39 心臓血管外科テキスト2版 中外医学社 2011.10.
  • 磯田 晋:心臓血管外科手術エクセレンス3巻 『冠動脈疾患の手術』「心室中隔穿孔に対する手術のテクニック:サンドイッチ法」動画配信付き2020発刊予定 中山書店

自著論文等 (1st author, 筆頭執筆者)

  • 心機能補助を目的とした骨格筋トレーニングについての研究TS関係を用いた筋電図解析。骨格筋の心臓への応用研究会会誌 1:7-9, 1989.
  • 骨格筋による心機能補助に関する研究ー画像解析による組織学的検討 人工臓器学会会誌 19(1):2312-234, 1990.
  • 骨格筋による心機能補助に関する研究レーザー組織血流量計 骨格筋の心臓への応用研究会会誌 2:4-6, 1990.
  • 骨格筋による心機能補助に関する研究ー広背筋graftの組織血流量 心臓血管外科学会会誌 20(5):1030-1032, 1990.
  • 骨格筋による心機能補助ー血行ネットワーク形成期間の必要性 骨格筋の心臓への応用研究会会誌 3:10-12, 1991.
  • 骨格筋による心機能補助に関する研究ー広背筋グラフトの組織血流量 人工臓器学会会誌 20(3)756-760, 1991.
  • Electrical conditioning of skeletal muscle grafts for myocardial repair-- a histological study applying an image analyzer. Advance in Cardiovascular Surgery. Elsevier Science Publishers BV 955: 241-242, 1991.(筋肉を電気刺激すると疲れにくい筋肉に変わる病理学的研究、シックスパッドの基礎研究ですね)
  • EMG analysis of electrically stimulated skeletal muscle. Yokohama Medical Bulletin 42(Nos. 1-2): 1-13, 1992(電気刺激した筋肉の筋電図変化を解析した学位取得論文)
  • 血栓弁のため2回の僧帽弁置換術を要した痛風を合併する一例。 日本胸部外科学会会誌 40(6):1006-1009, 1992.
  • 気管支動脈血行を伴った肺動静脈奇形の一例。 日本胸部外科学会会誌 40(8):1304-1308, 1992.
  • 骨格筋による心機能補助の筋電図疲労監視-電気的処置前骨格筋の周波数 人工臓器学会会誌21(2):357-361, 1992.
  • 磯田晋ら:骨格筋ポンプ作成の為の直線的出力解析 骨格筋の心臓への応用研究会会誌 4:10-13, 1992.
  • Skeletal Muscle Ventricle; 1993 up date. Basic and Applied Myology (BAM) 3(4):271-280, 1993.(背中の筋肉を使って補助循環装置を作り心不全を治療する研究に関する総説)
  • 補助循環を目的とする広背筋の外部仕事発生能力 胸部外科学会会誌 41(12):2349-2353, 1993.
  • 磯田晋:骨格筋ポンプ研究記:デトロイト-29℃。 胸部外科 47(4):332, 1994.
  • Banding a hemodialysis arteriovenous fistula to decrease blood flow and resolved high output cardiac failure: case report. Surgery Today 24:734-736, 1994.(透析シャントの流れ過ぎによる心不全の治療法の開発)
  • Influence of a delay on latissimus dorsi muscle flap blood flow. Ann Thorac Surg 59:632-638, 1995.(背中の筋肉を心不全治療に使うために血流を改善する方法に関するレーザー血流量計を用いた報告)
  • Skeletal muscle ventricles: Frontiers in 1995. Artificial Organs 20(2):114-119, 1996.(背中の筋肉を心不全治療に利用する総説)
  • 骨格筋ポンプ開発の現状1995年。骨格筋の心臓への応用研究会会誌 7:30-32,1996.
  • 小型化し胸腔内に留置した骨格筋ポンプの性能評価 人工臓器 27(2)373-378, 1998.
  • 小型胸腔内骨格筋ポンプは心拍出量を増加させ、冠循環を改善するか? 人工臓器 28(2)400-405, 1999.
  • Cardiomyoplasty. Cardiovascular Med-Surg 2(2):31-38, 2000.5(背中の筋肉で心臓を補助する総説)
  • 骨格筋ポンプの出力計測法に関する検討 人工臓器 29(1):57-62,2000
  • 終末常温血液灌流が心機能回復に与える影響 横浜医学 51:627-631,2000
  • 腹部大動脈瘤術後の腹腔内圧計測  日本血管外科学会誌 11:629-633,2002
  • 小切開下腹部大動脈瘤手術とoff pump CABGの同時施行の1例 日本血管外科学会誌12(7):639-642, 2003
  • 僧帽弁形成後のSAMの自然消失の1例 日本心臓血管外科学会雑誌 33:171-174, 2004
  • 腹腔内圧を用いた小切開下腹部大動脈瘤手術の低侵襲性評価 日本血管外科学会雑誌 13(3):415-419, 2004
  • Sandwich technique via right ventricle incision to repair postinfarction ventricular septal defect. J Card Surg 19(2):149-150, 2004.(心筋梗塞後の心室中隔穿孔を右室を切開して2枚のパッチで挟み込む世界初の報告、2013日本循環器ガイドライン引用文献)
  • 破裂性腹部大動脈瘤術後の腹腔内圧モニタリングによる病態把握 日本心臓血管外科会誌 33(5):314-318, 2004
  • 破裂性と非破裂性の腹部大動脈瘤の腹腔内圧計測 日本血管外科学会誌 14(4):523-529, 2005
  • Percutaneous tracheostomy with guide wire dilating forceps (Griigg’s method): what we learned from our first 12 cases. J Natl Def Med Coll 31 : 14-20, 2006 (経皮的気管切開方法の低侵襲化の報告)
  • Entry closure of aortic dissection using ATP-induced cardiac asystole under cardiac pacing back-up. J Natl Def Med Coll 31 : 21-26, 2006 (手作りステント付き人工血管による胸部大動脈瘤治療における一時的循環停止による位置正確性向上の報告)
  • Sandwich technique to repair postinfarction ventricular septal defect. 薬理と臨床 16(3)278-279, 2006 (梗塞後心室中隔穿孔の治療法の報告)
  • Benefits of terminal noncardioplegic warm blood retrograde perfusion after terminal warm blood cardioplegia perfusion prior to aortic unclamping in open heart surgery J Cardiovasc Surg (Torino). 47(6):677-82, 2006(心臓手術の術中心筋保護におけるターミナルホットショットの報告)
  • 防衛医大に働く 倶進会たより 126号 p9 2010.1.30 倶進会 
  • In vitro study of the optimum volume ratio of activator to adhesive in Gelatin-Resorcin-Formalin glue. Gen Thorac Cardiovasc Surg 2011 May 59(5):326-8 (外科接着剤の硬化剤の比率が重要な意義を持つことの報告)
  • Papillary muscle approximation and loop relocation for mitral complex repair. Gen Thorac Cardiovasc Surg 59(6):454-8, 2011 (拡張型心筋症の僧帽弁形成で、乳頭筋接合と吊り上げ術を併用する世界初の報告)
  • Coronary Malperfusion due to Flap Suffocation after Acute Type A Dissection Surgery. Ann Thorac Cardiovasc Surg 18(2):144-147, 2012 (A型大動脈解離で冠動脈閉塞が起こる特殊な症例の報告)
  • The “Loop with Anchor” technique to repair mitral prolapse. Ann Thorac Cardiovasc Surg 18(2):170-173, 2012(僧帽弁形成で人工腱索の長さを調整する手技の開発)
  • Midterm results of the “Sandwich Technique” via a right ventricle incision to repair post-infarction ventricular septal defect. Ann Thorac Cardiovasc Surg 18:318-321, 2012 (梗塞後心室中隔穿孔を治療すべく新たに開発したサンドイッチ法の約5年の中期経過報告)
  • Surgical repair of postinfarction ventricular septal defects-2013 update. Ann Thorac Cardiovasc Surg 19(2):95-102, 2013 (梗塞後心室中隔穿孔に関する歴史と最先端の解説)
  • Papillary fibroelastoma of the papillary muscle of tricuspid valve: Reconstruction of the papillary muscle. Open J Thorac Surg 3:69-72, 2013.(三尖弁にできた腫瘍を弁置換することなく乳頭筋の再建で形成した報告)
  • Lung injury due to fluted silastic soft drain extraction under negative pressure suction Open J Thorac Surg 3: 73-75, 2013. (心臓術後の血液を除去するプラスチックの管による血気胸発生に関する警鐘)
  • Occupational true aneurysm of the ulnar artery: A case report of hypothenar hammer syndrome. Ann Vasc Dis 6(3): 655-657, 2013. (手のひらを使う職業的な尺骨動脈瘤の治療報告)
  • Septic Pulmonary Embolism with deep vein thrombosis caused by physical immobility. Journal of Phlebology and Lymphology. 6:7-10, 2013. (体を動かせないことで発生した静脈血栓に感染を合併するリスクについての報告)
  • A型急性大動脈解離におけるneo-media sandwich法 防医大誌 38(4):314-320, 2013 
  • A stepwise aortic clamp procedure to treat porcelain aorta associated with aortic valve stenosis and hemodialysis. Ann Thorac Cardiovasc Surg 2014; Supplement: 725–729 (上行大動脈が石灰化して心臓手術で脳梗塞リスクの高い方を安全に手術するための新しい術式報告)
  • A case report of pulmonary thromboendarterectomy for chronic thromboembolism in a patient with protein C deficiency. Ann Thorac Cardiovasc Surg 2014; Supplement: 885–889(C蛋白欠損症の方の肺塞栓症の治療報告)
  • Off-pump multilayered sutureless repair for a left ventricular blowout rupture caused by myocardial infarction in the second diagonal branch territory. Ann Thorac Cardiovasc Surg 2014; Supplement: 853–858 (心臓破裂を心臓が動いたまま縫わずに治す方法の報告)
  • Stainless steel bands are superior to stainless steel wires in strength for sternal closure in a single individual J Nat Def Med Coll 39(2):110-115, 2014.(体重過剰で胸骨ハイリスクの方の心臓手術では胸骨をワイヤーで閉鎖するより、バンドで閉鎖するほうが安全である)
  • Editorial Comment (急性心筋梗塞後心室中隔穿孔に対するinfarct-exclusion法の検討) 心臓 47(1)34-35, 2014
  • Off-Pump Multilayered Sutureless Repair for a Left Ventricular Blowout Rupture after Aortic Dissection Repair Open J Thorac Surg 5:10-14, 2015 (大動脈解離術後の左室破裂を動いたまま治す方法の開発)
  • Morbidity of Open Saphenous Vein Harvesting after Preoperative Ultrasonic Mapping Open J Thorac Surg 5:4-9, 2015(冠動脈バイパスで使用する大伏在静脈を超音波でマーキングする方法)
  • Fibrin Sealant Patch to Treat Dialysis-Associated Hemorrhagic Pericarditis Open J Thorac Surg 5:1-3, 2015(透析患者の出血性心膜炎を制御する方法の開発)
  • Sandwich technique” via a right ventricle incision to repair postinfarction ventricular septal defects. J Card Surg 30:488-493, 2015.(梗塞後心室中隔穿孔に対するサンドイッチ法の中長期(5-10年)報告)
  • 循環器疾患のご案内:心臓血管外科領域 藤沢市民病院 地域連携室便りVol.37、2016年9月
  • 新体制でスタートしています 藤沢市民病院だより ふれあい 2016年6月28日
  • ご挨拶 藤沢市医師会報 2016年6月 第491号 pp3-4
  • 設計と施工と 神奈川県医師会勤務医部会報 No17 pp47-48 2017/3
  • Pitfalls for the “Sandwich technique” via a right ventricular incision to repair post-infarction ventricular septal defects” Gen Thorac Cardiovasc Surg 65:187-193, 2017(サンドイッチ法のピットフォールとその対策) 
  • Excessive use of landiolol is associated with a high economic cost. SOJ Surgery 4(3):1-2 2017(経静脈β遮断薬は病院経営を圧迫するという、医療経済の報告) 
  • Efficacy of glutaraldehyde-treated leaflets for mitral valve repair to treat active infective endocarditis: A case report. Ann Thorac Cardiovasc Surg 25:340-343, 2019 March 16, 2018 online publish doi:10.5761/atcs.cr.17-00222 (僧帽弁の感染性心内膜炎をグルタルアルデヒドを使用して弁形成する世界初の報告)
  • De-airing an open stent graft to potentially reduce spinal cord injury. Gen Thorac Cardiovasc Surg 67:566-568、2019(How to do it)(オープンステント人工血管空気抜きすると対麻痺のリスクが減る可能性がある方法の開発, 胸部外科地方会レジデント最優秀演題賞受賞)
  • まい・てくにっく 心室中隔穿孔閉鎖のコツ 胸部外科 72(1)31, 2019
  • Priming and replenishment in cardiopulmonary bypass with hydroxyethyl starch 130/0.4 decreases fluid overbalance without renal dysfunction or bleeding in adult valve surgery. General Thoracic and Cardiovascular Surgery 67:374-376, 2019 (Rapid communication)(心臓手術で用いる人工心肺中にデンプン由来晶質液を使用するとむくみが3kg減少する報告)
  • Sandwich technique ” via a right ventricular incision for ultra-acute repair of post-infarction ventricular septal defects: a study of location of major leak. J Coronary Artery Diseases 25:39-47, 2019(梗塞後心室中隔穿孔を治療するサンドイッチ法の漏れやすい場所の解析)

学会発表 (1stAuthor, 筆頭演者に限る)

  • 心機能を目的とした骨格筋トレーニングの研究ーTS関係を用いた筋電図解析 41回胸部外科学会東京 1988/10/6
  • 肺動静脈奇形の1治験. 胸部外科学会関東甲信越地方会 千葉1989/2/4
  • Electorical conditioned skeletal muscle for myocardial repair-Electromyography analysis of motor unit First International Workshop on Cardiomyoplasty Paris 1989/6/7
  • 骨格筋移植による心機能補助の実験 第2回 臨床胸部外科談話会 シンポジウム 大阪 1989/7/21
  • 骨格筋移植による心機能補助の実験的研究ー画像解析による組織学的検討 第25回移植学会 東京 1989/9/21
  • 骨格筋による心機能補助に関する研究ー画像解析による組織学的検討 第26回人工臓器学会 旭川 1989/9/30
  • 5年間に血栓弁のため2回の僧帽弁置換を要した一例 第72回胸部外科学会関東甲信越地方会 川崎 1989/12/2
  • 骨格筋による心機能補助に関する研究ー広背筋グラフトの組織血流量 第20回心臓血管外科学会 岡山 1990/2/22
  • 骨格筋による心機能補助に関する研究 第2回骨格筋の心臓への応用研究会 札幌 1990/5/16
  • Tissue blood flow measurement of skeletal muscle graft for myocardial repair-experimental study applying a laser flowmeter. ペーシングと電気生理に関するつくばシンポジウム 1990/6/24
  • Electrical conditioning of skeletal muscle graft for myocardial repair-Histochemical study applying an image analyzer. 8th ME.Debakey International Surgical Society (Yokohama) 1990/9/11
  • 骨格筋による心機能補助に関する研究: ーレーザー組織血流量計 第27回人工臓器学会 新潟 1990/9/20
  • Tissue blood flow measurement of skeletal muscle graft for myocardial repair. 4th World Sympo. on Transformed Skeletal Muscle for Cardiac Assist (California,USA) 1990/10/3
  • 骨格筋の耐疲労性獲得に関する基礎的研究: 第19回人工心臓と補助循環懇話会: 金沢 1991/3/22
  • 骨格筋による心機能補助ー血行ネットワーク形成期間ー 京都 第3回骨格筋の心臓への応用研究会: 1991/4/8
  • 不完全型心内膜床欠損症術後の遠隔成績: 第21回日本心臓血管外科学会: 甲府1991/5/28
  • : Monitoring of the skeletal muscle graft fatigue by EMG Europ Soc Artif Org Vienna Austria 1991/9/13
  • 広背筋グラフトの有酸素運動能力規定因子の検討 京都 第44回胸部外科学会 京都 1991/10/2
  • 骨格筋による心機能補助に関する研究ー筋電図による疲労監視 第28回人工臓器学会 東京 1991/10/24
  • 骨格筋ポンプ設計の為の直線的出力解析ー仕事計算 第4回骨格筋の心臓への応用研究会 東京 1992/3/25
  • EMG monitoring for cardiomyoplasty -MAP and NAP. ASAIO 35th Nashville, Tennessee 1992. 5.7-9
  • Skeletal muscle for cardiac assist. Situation in 1994. Cardiomyoplasty and skeletal muscle ventricle. Panel discussion cardiomyoplasty and transplantation Chiclayo, Peru 1994/8/13
  • 骨格筋ポンプの開発 人工心臓の最先端技術 人工心臓と補助循環懇話会岡山 1995/3/10
  • 骨格筋ポンプの開発 骨格筋の心臓への応用研究会1995/4
  • 骨格筋ポンプの開発 第9回横浜シンポジア 横浜1995/8/12
  • 動脈硬化性嚢状上行大動脈瘤の一手術例 第95回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 1995.9.2 新潟 1995/9/2
  • Canine latissimua dorsi vasculature after cardiomyoplasty. Xth World Congress of the Intrernational Society for Artifitial Organs Taipei, Taiwan 1995/11/17
  • 骨格筋ポンプの開発 第2回油壺シンポジウム 東京 1996/4/1
  • What is the ideal frequency for skeletal muscle ventricle electrical stimulation? 6th International Symposium on Artifitial Heart & Assist Devices Tokyo 1996/7/30
  • DCMPの現況 2回骨格筋研究懇話会 蓼科 19996/9/22
  • Cardiomyoplasty(骨格筋を用いた補助循環)の至適電気刺激条件の検討。 日本心臓病学会 東京 1996/9/25
  • Cardiomyoplastyの電気刺激条件は筋組織温存に至適か? 第27回心臓血管外科学会 尼崎 1997/2/12
  • cardiomyoplastyの現状と将来 第17回 神奈川心臓ペーシング電気生理研究会 特別講演 横浜 1997/2/28
  • 骨格筋ポンプの拍動する血液接触面の自家内皮細胞層獲得による血栓克服、日本外科学会 京都 1997/4/7
  • 臨床応用を目指して小型化し胸腔内に留置した骨格筋ポンプの性能評価 第35回人工臓器学会 横浜 1997/9/15.
  • 解離性大動脈瘤のステント付人工血管による2治験例 第104回胸部外科学会関東甲信越地方会 東京 1997/12/6
  • 小型胸腔内骨格筋ポンプは心拍出量を増加させ冠循環を改善する? 第36回人工臓器学会 筑波 1998/10/22
  • Integrated myocardial protectionは心機能を速やかに改善させるか? 胸部外科学会総会 東京 1998/11/2
  • 心室中隔欠損症兼大動脈弁閉鎖不全症による肺高血圧 第2 回神奈川周術期管理研究会 横浜 1998/10/30
  • Terminal non-plegic continuous warm bloodは心機能を速やかに回復させる? 外科学会 福岡 1999/3/24
  • 骨格筋内遺伝子導入による血行改善。骨格筋の心臓への応用研究会 福岡 1999/3/25
  • 骨格筋ポンプの出力計測に関する検討 人工臓器学会 名古屋 1999/10/14
  • terminal noncardioplegic warm bloodは心機能を速やかに改善するか?心臓血管外科学会 東京2000/2/16
  • 急性心筋梗塞症例に対する術中心筋保護法 日本外科学会 2000/4/12.
  • 経皮気管切開術、手技と機器の改良すべき点 人工臓器学会 2000/9/29
  • 腹部大動脈瘤術後の腹腔内圧計測 日本血管外科学会総会 2001/5/24
  • 腹部大動脈瘤術後の腹腔内圧計測  神奈川周術期管理研究会 横浜 2001/10/19
  • 破裂性腹部大動脈瘤術後の腹腔内圧計測 第42回脈管学会総会 大阪 2001/11/20
  • 逆行性冠灌流はA型急性大動脈解離の術後LOSを減少させる 日本心臓血管外科学会 大阪 2002/2/14
  • Abdominal compartment syndrome –Why clinical course of ruptured abdominal aortic aneurysm is severe? 知識経済および医院発展戦略理論高級検討会、四院中外国国際医学交流会 無錫 中華人民共和国 2002/4/27
  • 急性大動脈解離の心筋保護、逆行性経路併用の有用性 日本血管外科学会 2002/5/16
  • ステントグラフト留置時のATPによる循環停止中の脳波解析 日本血管外科学会 2002/5/16
  • OPCABと小切開腹部大動脈瘤の同時手術  第123回日本胸部外科学会 関東甲信越地方会 東京2002/9/14
  • 腹部コンパートメント症候群と腹部大動脈瘤 第8回骨格筋研究懇話会 浜松 2002/9/23
  • 僧帽弁形成後のSAMの自然消失の1例 第124回日本胸部外科学会関東甲信越地方会東京2002/11/23
  • 破裂性腹部大動脈瘤の病態と腹腔内圧 日本心臓血管外科 札幌 2003.5.14-16
  • イオン結合によるヘパリンコーティング体外循環回路残血の血漿ヘパリン量 心臓血管外科 札幌 2003/5/14
  • 腹腔内圧を用いた小切開下腹部大動脈瘤手術の低侵襲性評価 日本外科学会 札幌 2003/6/4
  • 腹腔内圧計測は破裂性腹部大動脈瘤術後の病態把握に有効か?日本血管外科学会 金沢 2003/7/10
  • Dynamic Cardiomyoplastyの現況と展望 第9回 骨格筋の心臓への応用研究懇話会 諏訪 2003/9/13
  • 左血胸を呈したB型急性大動脈解離型破裂の1治験例.第126回胸部外科関東甲信越地方会 新宿2003/6/28
  • 胸骨癒合不全の再固定にSterna-bandが有効であった1例 第128回胸部外科関東甲信越地方会新宿2003/12/6
  • 腹腔内圧を用いた小切開下腹部大動脈瘤手術の低侵襲性評価 第34回心臓血管外科学会 福岡 2004/3 
  • 破裂性腹部大動脈瘤術後の腹腔内圧と術後経過の関連 日本外科学会総会 大阪 2004/4/7
  • 急性大動脈解離術後胸骨感染に持続陰圧吸引法施行例 第1回八国山循環器カンファランス 東村山2004/6/11
  • 収縮性心膜炎に対するwaffle procedureの一例 第10回骨格筋研究懇話会 新潟 2004/9/19
  • 腹腔内圧を用いた腹部大動脈瘤の周術期評価 (シンポジウム)第35回心臓血管外科学会 浜松 2005/2/23
  • Blake drainによる肺損傷の2例 第35回日本心臓血管外科学会総会 浜松 2005/2/23
  • 心スタビライザーを用いて心拍動下にwaffle procedure施行例第35回日本心臓血管外科学会総会 浜松 2005/2/23
  • Off pump CABGにPV isolationを同時施行例 第2回八国山循環器カンファランス講演会 東村山 2005/7/27
  • 梗塞後心室中隔穿孔に対する新しい治療法:Sandwich-technique 第10回 冠動脈外科学会 2005/
  • 急性大動脈解離基部置換後に冠血流障害を来したMarfan症候群 133胸部外科関東甲信越地方 山梨 2005/2/5.
  • 子宮筋腫感染源の感染性心内膜炎を伴う大動脈弁閉鎖不全。136胸部外科学会関東甲信越地方 東京 2005/12/3
  • C蛋白欠損症慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治験例。第137回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 栃木 2006/2/4.
  • Sandwich repair technique to repair postinfsarction ventricular septal perforation. The 14th annual meeting of the Asian Society for Cardiovascular Surgery Osaka 2006/6/1
  • 梗塞後心室中隔穿孔に対するsandwich-technique. (videoシンポ) 第11回日本冠動脈外科学会 福岡2006/.7/13
  • 破裂性腹部大動脈瘤術後の腹腔内圧計測による病態把握 日本外科学会総会 東京2007/4/11
  • 破裂整復部大動脈瘤に対する治療成績と問題点日本血管外科総会 名古屋2007/4/23
  • 急性心室中隔穿孔に対するサンドイッチ手術のGRFglue至適混合比 第12回冠動脈外科学会 福岡2007/7/14
  • 急性大動脈解離症例に対するneo-media sandwichを用いた基部置換回避 第108回日本外科学会 長崎 2008/5/16
  • 梗塞後心室中隔穿孔に対するSandwich technique 第61回日本胸部外科学会 福岡2008/10/12
  • Sandwich repair for postinfarction ventricular septal defect-How to use GRF glue ratio of aldehyde / gelatin ビデオディベート “VSPのクロージャー”パネリスト 近畿心血管ジョイントライブ2009 京都 2009/4/16
  • 機能的閉鎖不全に対する僧帽弁複合手術 第150回 胸部外科学会関東甲信越地方会 東京 2009/6/6
  • 拡張型心筋症に伴う機能的閉鎖不全に対する僧帽弁複合手術:乳頭筋接合+ループを用いた乳頭筋吊り上げ  防衛衛生学会 第8回自衛隊外科集談会 教育セミナー 自衛隊中央病院 東京 2011/2/3
  • 梗塞後心室中隔穿孔に対するSandwich technique 第16回 冠動脈外科学会 ビデオシンポ 松本 2011/7/14
  • 梗塞後心室中隔穿孔に対する経右室切開サンドイッチ法の中期成績 第64回 胸部外科学会 名古屋 2011/10/ 9
  • AnchorとLoopを用いた僧帽弁形成  第42回日本心臓血管外科学会総会 秋田 2012/4
  • 僧帽弁閉鎖不全に対する“Loop and anchor”技法  第112回日本外科学会 ビデオフォーラム 東京 2012/4/14.
  • Loop with anchor technique to repair mitral valve prolapse. 2012 AATS MITRAL CONCLAVE 長野 2012/9/15
  • 心筋梗塞後心室中隔穿孔に対する経右室サンドイッチ法の中期成績 第65回胸部外科学会 福岡 2012/10
  • 第2対角枝領域心筋梗塞blowout破裂に人工心肺を用いない非縫合修復例 第18回 冠動脈外科学会 福岡
  • 左室自由壁破裂に対する重層式非縫合止血術 第17回心臓外科研究懇話会 松本 2013/7/14
  • 最近10年の心臓血管外科の進歩  狭山ロータリークラブ 狭山 2014/1/10
  • 急性心筋梗塞後心室中隔穿孔に対する経右室サンドイッチ法の成績  日本心臓血管外科学会 2015/3/16 
  • 梗塞後心室中隔穿孔に対する経右室サンドイッチ法のシャントとパッチサイズ 心臓血管外科学会 京都 2016/2/16
  • 梗塞後心室中隔先行の経右室サンドイッチ法の残存リーク位置 第69回日本胸部外科学会 岡山2016/9/30
  • 二酸化炭素floodを用いた空気抜き改善のピットフォール:陰圧吸引影響 69回胸部外科学会 岡山 2016/9/29
  • 肺塞栓症に対する外科治療の1例 第60回藤沢地域医療研究会 藤沢 2016
  • 過去一年間にご紹介頂いた患者様の手術報告 第1回藤沢循環器連携談話会 藤沢2016/6/13
  • セルセーバー、使えばCO2flood効果なし? 第20回心臓外科研究懇話会 蒲郡 名古屋2016/1/10
  • 梗塞後心室中隔穿孔の経右室サンドイッチ法と冠動脈病変位置 31回Winterセミナー 野沢 2017/1/25-27
  • 当院の心臓血管外科に出来る事―心臓血管外科最前線― 藤沢市民病院公開講座 藤沢 2016/8/24
  • 心臓外科術後の心房細動の予防 トーアエイヨー 新横浜 2016/7/1
  • 心室中隔穿孔に対する経右室サンドイッチ法 第22回冠動脈外科学会 ビデオシンポ 千里大阪2017/7/13
  • 活動性感染性心内膜炎にGlutaraldehyde補助僧帽弁形成 第21回心臓外科研究懇話会 静岡 2017/9/17
  • 心筋梗塞後心室中隔穿孔に対する経右室サンドイッチ法 第31回冠疾患学会 外科ビデオセッション「急性心筋梗塞合併症に対する手術術式の検証」 大阪 2017/12/16
  • 活動期感染性心内膜炎にglutaraldehyde補助僧帽弁形成 32回心臓血管外科winterセミナー 安比 2018/1/24
  • 超急性期の外科接着剤を使用した経右室サンドイッチ法は梗塞後心室中隔穿孔の30日死亡を3%にした。第71回胸部外科学会 テクノアカデミー冠動脈 東京 2018/10/4
  • 活動期感染性心内膜炎におけるグルタルアルデヒド処理を用いた僧帽弁形成の有用性 第71回胸部外科学会 東京 2018/10/4
  • 梗塞後心室中隔穿孔に対する超急性期経右室サンドイッチ法の追加術式 第71回胸部外科学会 東京 2018/10/4学会発表
  • 経右室サンドイッチ法では梗塞後心室中隔穿孔発症1日以内の外科治療を推奨する。第49回日本心臓血管外科学会 2019/2/11 岡山 一般演題
  • 梗塞後心室中隔穿孔に対する経右室sandwich法のトラブル回避の方策 第24回冠動脈外科学会 2019/7 金沢 一般演題
  • 磯田晋:術式開発のヒント、梗塞後心室中隔穿孔に対する経右室サンドイッチ法の開発 第32回胸部外科教育施設協議会 2019/7/6 横浜
  • 磯田晋、出渕亮、山崎一也、中山雄太、内田敬二、岩城秀行、益田宗孝:Sandwich repair via RV for postinfarction VSD – Original vs Extended- 第72回胸部外科学会 2019/11/1 京都 一般演題

2020/1/13現在

心臓クリニック藤沢六会 循環器内科 心臓血管外科 内科

診療科目
循環器内科 心臓血管外科 内科
院長
磯田 晋
診療情報
狭心症・心筋梗塞 弁膜症 大動脈 高血圧 コレステロール 尿酸 タバコ 痛みの新薬 認知症 心不全 サプリEPA PPIに警告 腎臓 透析にならない
電話番号
0466-52-8200
住所
〒252-0813 神奈川県藤沢市亀井野2-7-1
最寄駅
小田急江ノ島線 六会日大前駅 東口徒歩3分

診療時間

日祝
9:00~12:00
15:00~18:30
18:30~20:00

:予約優先 △:予約限定